アスク薬品 株式会社 INFORMATION

TOPICS

業務案内や各種ニュースなど最新の情報をお届けいたします。

■アーカイブ

2017.6.6

NEWS  アスクニュースレターnews1706発行のご連絡

アスクニュースレターnews1706を発行しましたのでご連絡申し上げます。

Contents:

Ⅰ.温故知新:ニンニク

ニンニク(Allium sativum L.): 中央アジア原産 古代エジプトと現代のピラミッドを繋ぐ活力源

・ニンニクの歴史(古代エジプト、中国、日本)

・ニンニクの有効性と熟成黒ニンニクの開発

Ⅱ.学術、海外のハーブ医薬品・食品についての情報:

文献情報アップデート:ロディオラ・ロゼア(2)、アグニ(1)

1)ロディオラ・ロゼア: 燃え尽き症候群対象多施設・オープン試験データ
(Neuropsychiatric Disease and Treatment 2017:13 889-898)

2)ロディオラ・ロゼア: 慢性疲労症候群対象オープン試験データ
(Complement Med Res 2017; 24: 46-52)

3)アグニ製剤による月経前症候群治療: 研究レビュー及びメタアナデータ
(Am J Obstet Gynecol. 2017)

Ⅲ.製品情報

1)健食原料・OEM展2017 企業プレゼン 2017.04.18-19 東京国際フォーラム

(1)NEM(卵殻膜ペプチド):新規関節素材の最新臨床データ 関節炎の予防と治療

(2)西洋ヤナギ~柳の下の二匹目のドジョウ

2)多成分系エキスの品質保証:Batch間の同等性をHPTLC分析で確認

(1)西洋タンポポ乾燥エキスGMP649

(2)アグニ乾燥エキスGMP665

Ⅳ.ワークライフバランス:

1)リレーdeウォーク

南行徳発 四国八十八箇所巡り2,526.1㎞ 金剛峰寺からの最終報告

◆松尾芭蕉:「古人の跡を求めず古人の求めし所を求めよ」
古人の食を求めて (郷土料理のご紹介)※表面

※裏面:
★出発地 行徳: 安養寺 佛足跡

★目的地 四国八十八箇所: 室戸 みくろ洞

★到達点 高野山金剛峰寺
空海 「書亦古意ニ擬スルヲ以テ善シト為シ、古跡ニ似ルヲ以テ功ト為サズ」
☆先人の足跡を辿ることで、なぜそのようなことが引き継がれてきたのか、先人が何を見、聞き、
嗅ぎ、食べ、触れ、考えたのか、足跡の先に何を求めていたのかを自らの歩みに想像する。

2017.3.24

EVENTS  健食原料・OEM展2017出展のご案内

2017.2.7

NEWS  アスクニュースレターnews1702発行のご連絡

アスクニュースレターnews1702を発行しましたのでご連絡申し上げます。

Contents:

Ⅰ.温故知新:ヤナギ~古くて新しい痛み止め~

Salix: ヤナギ属 500品種以上

中央ヨーロッパでの生育するヤナギ:30品種以上

●ヤナギ(楊)の杖 ⇒ 錫杖

●京都三十三間堂「楊枝のお加持大法要」の起源

アスピリン登場によるヤナギの退場(19C)と復活(21C)

2011 ヤナギとアスピリンの作用機序の違い提唱

2013 Nrf2活性化作用の報告

Ⅱ.学術、海外のハーブ医薬品・食品についての情報:

文献情報アップデート:NEM(1)、ヤナギ(1)、アグニ(1)

1) NEM(卵殻膜ペプチド):動物試験 最新情報 MODERN RHEUMATOLOGY, 2016

2) 「ヤナギの機能性~柳の下のアスピリンを超える二匹目のドジョウ~」

Food style21 2017年2月号 特集「痛みを軽減する食品素材」

3) アグニの月経前症候群(PMS)患者に対する多施設共同非盲検非対照試験(国内)

*詳細につきましては、アスク薬品(株)(TEL:047-399-7598)までお問合せ下さい。

Ⅲ.製品情報:定量と定性でエキスの品質を保証いたします。

カミツレ乾燥エキスの定量と訂正をご紹介。

Ⅳ.ワークライフバランス:

1) リレーde ウォーク 南行徳発 四国八十八箇所巡り 2,526.1km

2017.01.13現在 進捗報告 四国八拾八番札所 大窪寺(香川県さぬき市)到達

2)宮島・弥山:原始林・霊山・世界遺産・パワースポット~空海ゆかりの地を訪ねて~

※裏面: 

十弐番札所 海岸山高谷院 安養寺 ~はだし大使~ 本堂と佛足跡 ご紹介

古人の求めし所を求め 森下和馬

2016.12.12

NEWS  アスクニュースレター news1612発行のご連絡

アスクニュースレター news1612を発行しましたのでご連絡申し上げます。

Contents:

Ⅰ.温故知新:ロディオラ・ロゼア 厳しい生育環境に順応し進化を遂げたアダプトゲン

Rhodiola rosea L. (ベンケイソウ科イワベンケイ属ロディオラ・ロゼア)

★ロシア “Those who drink Rhodiola rosea tea will live to be more than 100.”

自生地と伝承利用~栽培開発から安定供給へ~有効性と安全性の検証

Ⅱ.学術、海外のハーブ医薬品・食品についての情報:

1)EC:アクリルアミドの規制強化へ新法案を提出、2016年11月

2)醗酵黒ニンニク製剤「Schwarzer Knoblauch」:

Alpinamed AGがスイス・オーストリアで上市、2016年11月

Ⅲ.製品情報:ロディオラ・ロゼアと紅景天は異なる。

大花紅景天および紅景天には、ロザビン検出されず。

Ⅳ.ワークライフバランス

1)リレーdeウォーク

(1)南行徳発 四国八十八箇所巡り 2,526.1km

2016.10.28 サマータイム終了時点:総歩行距離1204.3km

四国参拾八番札所 金剛福寺 1204.3km(高知県土佐清水市足摺岬)まで到達。

(2)「路上観察学入門(ちくま文庫)からの気づき:社員コメントより

(3)毛利学術顧問 心技体のバランス:「仁、義、礼、智、信との一体」

【技】薬学歴52年 薬学博士 【心】武道歴59年 柔道5段 【体】酒楽歴50年

 

 

 

2016.10.3

NEWS  アスクニュースレター news1609発行

アスクニュースレター news1609を発行しましたのでご連絡申し上げます。

Contents:

Ⅰ.温故知新:赤ブドウ葉 生命力の壁(古代)から血管壁を護る植物治療薬(現代)へ

Vitis vinifera L. (ヨーロッパブドウ):主にワインの原料として7000年以上の利用

ブドウ葉と伝承

『健康な静脈と美脚はワイナリーの娘のようにあれ!』

赤ブドウ葉の伝承薬としての利用

赤ブドウ葉の有効性と安全性の検証

Ⅱ.学術、海外のハーブ医薬品・食品についての情報:

1)EMA:ハーブ医薬品のPAs汚染に関する公式声明書(2016.05.31承認)

2)卵殻膜ペプチド(NEM):ERA(欧州リウマチ・関節炎)学会発表

Ⅲ.製品情報

1)赤ブドウ葉と赤ワインの違いの分析

2)Slimpro(プタスダラペプチド):ヒト臨床試験 最新データ

Ⅳ.ワークライフバランス:

1)リレーde ウォーク 南行徳発四国八十八箇所巡り 2,526.1km

2016.09.15現在 四国弐拾七番札所 神峯寺(高知県安芸郡)通過※裏面地図掲載

2)新入社員ご挨拶

news1609_small

 

 

2016.9.20

EVENTS  アスク薬品 Hi2016出展のご案内

食品開発展2016

アスク薬品 出展のご案内

10月5日(水)~7日(金)10:00~17:00

東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

booth_no.2-172
◇機能性関与成分の可視化: 定量と定性
hptlc_vitis tlc_vitis

◇機能性表示食品の届出についての支援:
・エキナセア ・ペポカボチャ種子 ・赤ブドウ葉 ・セラミド

◇ヒト臨床試験のご報告:
・グリーンオート ・トンカットアリ ・プタスダラペプチド

◇新製品のご照会:
・キビ種子抽出油 ・ローズヒップ ・醗酵黒じゃばら ・プタスダラペプチド

◇出展社プレゼン情報:
1.「醗酵黒じゃばらの抗アレルギー効果」 10月6日(木) 13:00~13:20(F会場)

2.「ストレスに惹起されるうつ病に対する醗酵黒ニンニクの予防効果」10月7日(金)15:00~15:20(F会場)

ご質問・ご要望等ございましたら弊社までお問合せいただけますようお願い申し上げます。

Mail: info@askic.co.jp  TEL: 047-399-7598

 ★食品開発展2016出展のご案内(PDF版)

2014omote_web

 

2016.6.6

NEWS  アスクニュースレターNews1606発行

アスクニュースレターNews1606を発行しました。

Contents:

Ⅰ. 温故知新: エキナセアプルプレア~北米原住民の万能薬から「元気で長寿」を助ける薬草へ~

キク科ムラサキバレンギク属 Echinacea:10品種

エキナセア 北米原住民の万能薬

薬草としての栽培 ⇒エキナセアプルプレアエキス EFLA894

エキナセア製剤の利用(欧州) ⇒公定書収載

Ⅱ.学術、海外のハーブ医薬品・食品についての情報:

1)平成28年4月5日 府食第238号 食品安全委員会

食品中のアクリルアミド(発癌性 クラス2A)についての調査結果を報告。

2)2016年4月1日 EU regulation 2015/1933

多環芳香族炭水水素(PAHs:発癌性 クラス2A)についての濃度規制施行。

Ⅲ.製品情報: 機能性関与成分の可視化

1)米セラミド(RPS)とコーンセラミド(CP)

2)動物胆とタウロウルソデオキシコール酸(TUDCA)

3)西洋サンザシエキスのパターン分析

4)ペポカボチャ種子エキスと製剤二種類のパターン分析

Ⅳ.ワークライフバランス

1)2015年11月~2016年4月(2015年冬時間)の電力使用量を削減

2)リレーdeウォーク おくのほそ道:

新潟弥彦から大垣、二見ヶ浦を経由、南行徳法善寺迄2,698.5kmを完歩。

3)みらいさく そめいよしのか えどひがん

※裏面:おくのほそ道マップ:

総行程2,698.5㎞を完歩※

※社員全員が空き時間(昼休み・就業後など)を利用して歩いた距離を合算

季節の移り変わりと松尾芭蕉の俳句を楽しみながら歩きました。

●地図上にそこで詠んだとされる俳句が見られるようになっています。

●地図上に芭蕉が食べたであろうその土地の旬を検索し、記入をしました。

本記録を皆様の健康ウォーキングに、芭蕉と曽良の求めし所探す一助に、

また芭蕉が食したであろう旬探しに、楽しくご利用いただければ幸いであります。

news1606s

 

2016.3.18

NEWS  アスクニュースレターNews1603発行

アスクニュースレターNews1603を発行致しました。
Contents:
Ⅰ. 温故知新: オート麦 Avena: 馬の栄養から脳の栄養の開発
「Avena(イネ科カラスムギ属)」紀元前5000年を超える家畜の飼料としての利用:
語源 ラテン語 Aveo (to desire) Forage desired by all animal. (全ての動物が欲する餌)

古代種苗「Neuravena」の復活と抽出物の開発:
集中力を高め、記憶力を養う。優れた薬理活性を特徴とする。
ヒト臨床(国内1報、国外4報)

Ⅱ.学術、海外のハーブ医薬品・食品についての情報:
文献情報のアップデート: グリーンオート(1)、トンカットアリ(1)
(1) グリーンオート乾燥エキス(Neuravena) 最新ヒト臨床試験(COMPASS)結果をNutritional Neuroscienceに論文掲載
(2)トンカットアリ乾燥エキスの「免疫調整機能」に関する国内初のRCTヒト臨床試験結果をPhytotherapy Researchに論文掲載
*詳細につきましては、アスク薬品(株)(TEL: 047-399-7598)までお問い合わせください。

Ⅲ.製品情報: 新機能性表示候補素材一覧を更新しました。

Ⅳ.ワークライフバランス:
1) リレーde ウォーク 行徳 法善寺発のおくのほそ道 ~到達点: 行徳まで2,698.5km~
★2月29日現在 静岡県菊川市を歩行中。(2,454.8km – 残9%)
2) ハンザ商人 Wholgemuth(キムラ)家のチーズ・フォンデュを南行徳で再現
news1603_small

 

2016.2.16

NEWS  機能性表示候補素材一覧【更新】


kinouseihyouji list update201602
注記:本リストは、機能性表示を保証するものではありません。●有 ×無

機能性表示に関するご相談は、弊社※までお問合せ下さい。
※Email: info@askic.co.jp TEL: 047-399-7598

2016.2.16

PRESS  【プレスリリース】トンカットアリ乾燥エキス 国内初のRCTヒト臨床試験結果をPhytotherapy Researchに論文掲載

関係者各位

アスク薬品株式会社はこの度、トンカットアリ乾燥エキス(以下、トンカットアリ)の
「免疫調整機能」を検証する国内初のRCTヒト臨床試験結果が、査読付学術誌
である「PhytotherapyReaseach」に論文掲載されました。

トンカットアリ乾燥エキスの「免疫調整機能」に関する
国内初のRCTヒト臨床試験結果をPhytotherapy Researchに論文掲載

1.試験条件
・CONSORT声明準拠
・UMIN登録(ID: UMIN000011753)
・目的:トンカットアリが「ヒト免疫機能に及ぼす影響」を検討する
・対象者:
健常男女 40歳以上59歳以下の者(男性41名、女性40名)
摂取前検査の結果、免疫力スコアが23未満
・試験方法:二重盲検無作為化比較試験
・試験食品:
トンカットアリ(TA)群: トンカットアリ200mg/日
プラセボ群(P)群: 米粉200mg/日
・摂取期間: 4週間
・主要アウトカム:
免疫力スコア(SIV)、免疫機能検査 (東京医科歯科大学 特許第4608704号・第5030109号)
2.試験結果

test result_TA_PR201602
a) 摂取4週後に有意に上昇、P群より有意な増加が確認されました。
b) 免疫力の回復を図る必要性のある要注意圏(グレード2)から要観察圏(グレード3)へとP群より
も有意な改善が確認されました。
c)-e) 個々の免疫マーカーにおいて、摂取4週後にP群と比較して有意な増加が確認されました。
f) 摂取4週後に有意に低下、P群より低い傾向が確認されました。

これらの試験結果から、トンカットアリの摂取は中高年男女の免疫力スコア及び免疫力グレードを
改善し、中高年男女の健康の維持と増強に必要な免疫力の改善が期待できるということが示唆
されました。

3.安全性について
血液学検査・血液生化学検査・尿検査・身体測定・理学検査の結果、今回の試験条件下で安全性
に問題がないことが本試験実施医師によって確認されており、被験者から試験食品摂取によると
考えられる有害事象の報告はありませんでした。

 

プレスリリース記事(PDFファイル)はこちら

 

<<お問い合わせ先>>
アスク薬品株式会社 担当:風間亜紀
〒272-0138  千葉県市川市南行徳3-1-2 宮崎ビル
TEL : 047-399-7598 FAX : 047-395-1831
E-mail : kazama@askic.co.jp